祝!東北大学 医学部 現役合格!

安積高校3年、宗像さん
おめでとうございます!!
安積高校の女子生徒さんでは初の現役合格となりました。
(平成24年度実績)

 今年のセンター試験では、医学部の現役合格を目差す受験生、数学、現代文において、くずれる場面も多い中、目標通りの得点獲得できました。そして、東北大学医学部現役合格に向けた2次対策では、試験直前まで、物理、化学、数学を中心に対策を取りました。東北大学医学部受験本番の2次試験では、直前の対策内容が、ズバリ的中した問題もいくつかありました。そして、安積高校の女子生徒としては、初の東北大学医学部現役合格を果たしたのです。高1からの地道な学習の継続があったからの医学部現役合格でした。そもそも、試験本番で、動じない姿勢は、まさに医学部へ進むものにとっての必須用件です。彼女は、本番試験でいかんなくその才能を発揮しました。

keio kobetsu 名門館


東大・京大・早慶上智など、難関大学への合格指導実績を数多く持つスタッフが担当。全国トップレベルの実力強化を目指すカリキュラムです。苦手科目の補強はもちろんのこと、特に受験にて配点の大きい英語に主眼を置き、受験本番での強みとなるような強力科目へと仕上げて行きます。

大手予備校カリキュラム

慶應進学塾は、圧倒的な合格率を誇る大手予備校カリキュラムを採用しております。さらに、慶應進学塾のカリキュラムと組合わせれば、効果は抜群です。



keio kobetsu メディカル館


慶應進学塾では、医学部系大学、歯学部系大学、薬学系大学を目指す高校生向けに「けいおう個別メディカル館」を設置しております。高校生の範囲は、もちろんのこと、難関大学特有の難問対策まで、幅広く学べるコースです。特に、医学部系大学、歯学部系大学、薬学部系大学を突破するためには、理科、数学の科目の他、英語が大変重要になってきます。理数系科目、英語科目の本質的学習に取り組みことにより、センター試験、及び、大学受験の突破を目指します。

東北看護医療予備校

看護、医療系学校を目指す現役高校生専門のコースです。年々倍率が高くなって来ている看護・医療系入試において、毎年高い合格率を誇るのが東北看護医療予備校です。太田、竹田、ポラリス、県立医大など多くの実績を残しています。

慶應進学塾、「けいおう個別」の特色


大学受験には、苦手分野を早期に無くすこと、得意科目をもっと得意にしていくこと、さらに、英語を武器となる科目にしあげていくこと、この3つが大きなポイントとなります。苦手科目に英語が入ってしまっている方もいらっしゃる思います。英語の伸び悩んでいる原因は、意外にも、文法力の未完成によるものです。短期的に基礎から固めなおし、偏差値アップを図ります。全てが個別カリキュラムとなります。河合塾のサテライト講座をはじめ、全国トップ講師陣によるメディア学習システムを活用し、長年多くの実績を積み上げてきたベテランスタッフが一人一人に合わせたカリキュラムを作ります。